会社概要

社名

株式会社千代田グラビヤ

英文名

Chiyoda Gravure Corporation

創立

1948年12月11日

代表者

代表取締役社長 佐藤 裕芳

資本金

1億円

従業員数

445人(2018年9月1日現在)

住所

〒141-0032 東京都品川区大崎1丁目18番16号(本社地図

営業品目

【転写箔/産業資材】
日用雑貨/筆記具用転写箔製造、加工、家電製品、電子楽器、各種パネル、自動車内装材、合成皮革転写成型、インモールド転写、水転写、転写加工システム設計販売、各種機能フィルム、化粧品容器転写箔、玩具、真空圧空向けフィルム、受託コーティング(UV照射処理、ラミネート対応可能)

【包装資材】
各種軟包装資材(食品・医薬品・農薬・日用品・その他)、各種シュリンクラベル、各種インモールドラベル、デジタル印刷製品(軟包装資材・シュリンクラベル)

【住宅建装材】
メラミン、ポリエステル板化粧紙、各種化粧合板用印刷、加工紙系化粧紙メラミン、ポリエステル板化粧紙、各種化粧合板用印刷、加工紙系化粧シート、プラスチック系化粧シート、床、壁面、天井等内外素材、家具、建具、造作材、メラミン/DAP樹脂含浸、コート、企画デザイン開発/製版

【出版・新聞印刷、商業印刷、 商品企画】
出版印刷、商業印刷、カタログ、チラシ、DM、ポスター、パンフレット、会社案内、社内報、デザイン、DTP製版、カレンダー製作、大判インクジェットプリント出力、Web関連の企画制作、キャンペーン・イベント等の企画・運営
株式会社千代田プリントメディアにて取り扱っております

 
役員一覧

取締役名誉会長

佐藤 壽芳

代表取締役社長執行役員

佐藤 裕芳

取締役常務執行役員

村田 邦博

上席執行役員

横瀬 健(建材事業部長)

渋江 善彦(産業資材事業部長)

執行役員

鈴木 宏賀司(パッケージ事業部長)

新井 禎典(製造統括)

須藤 勉(業務推進本部副本部長)

髙橋 浩司(産業資材事業部副事業部長)

監査役

福島 毅

 
沿革

1948年

佐藤裕雄社長により株式会社千代田グラビヤ印刷社を設立

1949年

千代田区神田神保町にて操業開始・渋谷区に千駄ヶ谷工場建設

1950年

業界初のカラーグラビア印刷に成功

1953年

輪転機で初のカラーグラビア印刷に成功

1954年

品川区に大崎工場建設、セロファン印刷を開始
(現:パッケージ・産業資材部門のスタート)

1958年

名古屋営業所を開設

1961年

大崎で分工場を建設し化粧板印刷を開始(現:建材部門のスタート)
大阪営業所を開設

1962年

大田区本羽田に羽田工場建設

1963年

品川区大崎に本社ビル完成、製版・事務関係を移転
静岡営業所を開設

1964年

大崎本社工場第二期工事完成、印刷設備を移転

1972年

佐藤裕雄社長逝去 佐藤誠純社長就任

1978年

埼玉県草加市に草加含浸工場建設

1986年

ヨーロッパベルギーゲンク市に千代田ヨーロッパ社設立

1987年

米国ペンシルバニア州に千代田アメリカ社設立

1996年

茨城県に潮来第一工場建設(旧:牛堀工場)

2001年

茨城県に潮来第二工場建設(旧:牛堀工場西館)、
潮来第一工場、潮来第二工場 ISO14001取得

2002年

佐藤裕芳社長就任

2004年

潮来第二工場 製版棟増設

2005年

大崎1-18-16に本社を移転、資本金10,000万円とする

2008年

開発部に大型成型機を設置

2010年

茨城県に潮来第三工場建設
竹田印刷(株)との資本業務提携により合弁会社、(株)千代田プリントメディアを設立

2011年

台湾の台北に事務所を開設

2013年

㈱千代田エキスプレスを併合し茨城工場を㈱千代田グラビヤ稲敷工場とする