産業資材


 私たちは、お客様にご満足いただける立体加飾のエキスパートを目指して、デザイン、機能、対応素材の開発を日々行っています。普段の生活の何気ない製品に、華やかさや温もりを吹き込むことが私たちの仕事です。メモ書きに使ったボールペンから、携帯電話、パソコン、化粧品容器まで、身近な製品に表面加飾を施す技術をお客様にご提案致します。     


インモールド転写箔

成形金型の中に印刷したフィルムを挿入し、射出成形時に絵柄を転写する工法をインモールド転写工法と言います。 複雑な立体形状への加飾が可能となり、高精度な位置合わせ、ゴミ混入防止に優れており、有機溶剤等を外に出さない環境負荷に優しい工法となっています。 一般の成形機に着脱可能な箔送り装置を設置する事によりインモールド転写工法が可能となります。
 
<機能性加飾箔>
 
耐指紋インモールド箔

ハードコード表面への指紋付着の低減を目指して開発しています。機能実現には、表面に付着した指紋等を拭き取り易くする手法での実現を行っています。
 
機能性蒸着インモールド箔


特殊金属を蒸着する事により通常のアルミ蒸着と比較して柔らかい金属膜が構成出来るために成形時に伸び、コーナーへの追従が良いのが特徴です。

 
<高意匠性加飾フィルム>
 
マットインモールド箔

従来のハードコート仕様では難しかった表面マットの開発を行っています。表面をマット化することにより、グロスにはない自然な表現をご提案致します。塗装加工よりも安価にてマット表現が可能となります。
 
3Dインモールド箔

立体感のある印刷再現の開発を行っています。従来の印刷手法とは異なる手法にて立体感のある再現を目指しています。角度を変えることにより3D効果および透明感のある再現が可能となります。
 
部分ホログラムインモールド箔

ホログラム加工をすることで、従来の蒸着デザイン箔とは異なる表現を施します。

転写箔

熱転写箔を使用する事によりさまざまなプラスチック成形品に対し、多色刷りの美しいデザインを加飾することが可能となります。生産性にも優れ安定した製品製造を行う事が出来ます。また転写箔を使う方法は有機溶剤等を外に出さない環境負荷に優しい工法となっています。
 
真空圧空転写箔

インモールドでは転写加飾ができなかった材料、複雑な形状の三次元形状対象物に、真空圧空成形法を利用して転写を可能とする箔です。楽器部材をはじめ、難しい形状への加飾表現を可能としています。
 
熱転写箔

原反フィルムから色層を剥離し、プラスチック製品に熱と圧力で接着することで、綺麗な絵柄やメタリック感、パール感、マット感などの多様な表現ができます。文具、雑貨品、化粧品など、日常、身の回りにある製品に多く使用されています。

受託コーティング(受託塗布)

長年培った印刷技術を用い、クリーン環境を誇る工場にてコーティングの受託製造を行っております。さらに塗布製品上への印刷やスリットも可能な為、お客様の様々なニーズにお応えすることができます。
 
塗布加工

独自設計による薄層塗布から厚物塗布まで、幅広い塗布方式での塗布が可能で、塗布精度も数%以内の精密コーティングができます。特にスロットダイを有しております塗布部は、クラス1000のクリーンコーター、乾燥温度は200℃まで可能です。